株式会社空間精度研究所  工作機械の精度測定・補正のご依頼はこちら 

弊社のコア技術

誤差測定結果から機械の精度向上への橋渡し
  • 市販の測定機器による精度測定では、多くの場合特定の軸上での誤差を計測しますが、測定した場所以外の誤差は未知数です。
  • 空間精度研究所では、高度な数学モデルによる特許取得済みの手法によって、限られた測定結果から加工空間全体の加工誤差を計算します。
  • 算出した補正パラメータを工作機械の制御プログラムへ直接フィードバック。加工領域全体の補正を行うという他にないサービスを提供します。
  • 新規据え付け時のキャリブレーション、既設設備の補正による加工精度向上が期待できるほか、定期的に測定頂くことで機械の予防保全にも役立ちます。
当社の誤差測定・精度補正の特徴
  • 空間精度研究所では、レーザー式の測定装置による3軸運動誤差と、直定規を用いた直角度誤差の測定結果をもとに、数学モデルによって加工領域全体の誤差を算出します。
  • この特長により、測定場所以外の任意の場所での加工誤差を正確に推定できます。また、加工領域全体の誤差量を打ち消すパラメータを作成し制御システムに反映することで、工作機械の実際の動きを指令値に近づけることができます。
測定の様子
  • 測定には当社から経験ある技術者を派遣し、所要時間は大型の横型マシニングセンタの場合で約2日です。条件によりますが、補正後の加工精度は10μm程度まで向上します。